スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

小型水槽のフィルターについて考えてみる。

2009年08月01日 14:34

とりあえず、底面フィルターで!っていうブログなので、底面フィルター+何かという形で考えてみる。小型水槽向け。ちょっとまえにコメントで話題が出てたので。

大きな水槽なら、別に悩まなくていいと思うんですよ。外部くっつけりゃそれでいいから。逆に他の選択肢ってあまりない気がするし。

■ 底面フィルターのみ
一番シンプル。底面フィルターのみで小型水槽を運用する。

エアリフト式はCO2の曝気が凄すぎるので論外として、水中ポンプ式でやる場合。デメリットとしてはろ材を使えないこと。底面フィルターの内部に入れることは一応できますが、途中での交換がリセットを意味するので、初期の立ち上げに活性炭を利用するとかはまだしも、ろ材を長期で運用するには向きません。
ろ材が満足に使えませんので、水質調整をしないと育たないような水草がある環境になっている場合は非常に苦労します。(ex. 水道水が硬水で、トニナを育てたい場合など) 基本的には水槽を立ち上げて数日後の水質を計り、それで育てられる水草を育てるという受動的な選択をすることになりやすいです。

反対にフィルターの立ち上げパイプ1本で済みますから、小型水槽としてはすっきりするのがありがたいところ。

水流も排出口の向きさえ気をつければほぼ無視できる動きなので、その点も便利。生物ろ過能力はかなり高めですが、物理ろ過は底面に押し付けるのみなので、水草やバクテリアによる分解を待つことになります。

また、ろ過能力を他の部分に押し付けることができないので、低床をかなり厚めにひかねばならず、ここが小型水槽にはかなりきついです。20センチ水槽に8センチ低床を引くと半分いっちゃいますから。引くとして前部を4センチほど、後ろにやまもりにしていく感じでしょうか。

■ 底面フィルター+外掛けフィルター
底面フィルターの生物ろ過を利用しつつ、外掛けフィルターでろ材を運用するタイプ。

ろ材の交換のしやすさはピカイチで、非常に運用しやすいのがメリット。濾過槽の容量によりますが、各種ろ材を使った上でろ過能力もあげることができるので、底面のみよりも水質は安定しやすいでしょう。また、水質調整もしやすく、水道水と違う水質を好む水草でも容易に育てることができます。外部式よりもメンテナンスの面で上回るので、ろ材を使いまわしやすく、交換も容易であるため、水質調整をして水草を育てるには一番向いています。

底面のみの場合と違い、外掛けなどと連結することにより、濾過槽を全部丸洗いしてしまっても、低床に居るバクテリアを有効活用できますので、バクテリア死滅による水質悪化を緩和できるのも直結式のメリットです。

さらに濾過槽でハイドロカルチャーもどきをすることができ、水質安定に一役かいます。巷ではここで野菜を栽培しちゃう人もいるらしい。

ただ、排水の勢いが最小にしても強いフィルターが多く、水草がたなびきやすいことがデメリットとしてあげられ、さらに水槽に濾過槽をつるさないといけないのが見た目に悪いです。それから、照明が近くにあるため、濾過槽内部がコケりやすく、光を通しづらい外掛けフィルターを選ばないと、いくら水槽内でコケ対策をしても、濾過槽内部から胞子が流入するということになりかねません。

テトラのテトラ AT-30などは蓋がしっかり遮光できるようにしてあるため、使いやすいと思います。

また、CO2が曝気しやすく、溶解させたCO2を無駄にしやすいというデメリットもあります。上部フィルターの代用品という感じですが、上部フィルターにくらべると排水部分や注水部分での曝気は少なめですので、十分水草育成は可能です。

水中モーター式の場合、モーターの発熱で水温が上がるという点、注意が必要です。

■ 底面フィルター+外部フィルター
エデニックシェルト辺りが一番いいんでしょうか。

小型水槽向けの外部フィルターは数が少なく、選択肢の幅はあまり広くありませんが、広い濾過槽を持つこと、ろ材をたくさん入れられることがメリットで、上記と比べ格段に高いろ過能力を持ちます。さらに密閉式であるため、CO2を曝気しづらく、非常に有効に使うことができます。見た目的にも外部フィルター自体を隠してしまえば非常にすっきりします。ろ材の使いまわしもできますから、水質調整をして水草を育てることも可能です。ただ、メンテナンス性で外掛けよりも劣りますので、気楽にやるには向いていません。

外掛けと同様、底面のみの場合と違い、外掛けなどと連結することにより、濾過槽を全部丸洗いしてしまっても、低床に居るバクテリアを有効活用できますので、バクテリア死滅による水質悪化を緩和できます。

デメリットは直結できる底面フィルターが限られるため、通常は加工が必要なこと、メンテナンスが外掛けと比べやりづらいこと、水流が激しすぎることです。

下手な外部フィルターを選んでしまうと、どうやっても水槽内が洗濯機状態になってしまい、水草育成どころではありません。30センチクラスからなら大丈夫でしょうが、20センチクラスにはきつい排水のものが大半です。

水流が激しいというのは実はかなりのデメリットですので、あまりよろしくありません。シャワーパイプの加工などで水流を弱める工夫が必要です。

-------------

20センチキューブでは底面のみか底面+外掛け、25センチクラスで底面+外掛け、30センチからは外掛けと併用か、底面+外部がいいんじゃないかなと個人的には思います。

25センチクラスに外部でもいいんですが、正直過剰かなという気もしますので。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

  1. オゲマン | URL | -

    お邪魔します
    底面フィルターは処理が高機能で安価にセッティングできるので昔はけっこう自作したりして使ってました。
    簡単にリセットできる小さい水槽ならうってつけですよね

    それとリンク貼らせていただきます!!!

  2. チューリップ | URL | -

    私も30センチには外部を使っていますが水流は強すぎ!
    今は改造を加えたので丁度良い感じになっています。
    底面フィルターは一度使ってみたいのですが・・・・どうしても外部に手を出してしまう。
    実際底面+外部は最強フィルターなんだろうな~

  3. comet | URL | -

    フィルター選びはむずかしいですよね。
    30Fでパワキャニミニ使ってますが、少し水流が強い気がします。
    やっぱり底面とかのほうが良かったかもしれません。

  4. トモ | URL | b03wljAE

    底面+他のフィルターって凄いですよね。

    あまり、いい例じゃありませんが、
    昔、底面+2213で、
    60レギュラーで、セルフィン・プレコ飼ってました。

    コケ取り用で、小さい水槽では、
    大きくなりませんって言われたのに、
    30センチくらいになっちゃいました。

    でも、一ヶ月に一回くらいしか水替なかったけど、
    元気でしたよ。

    恐るべし、底面と思ったのは、このときでした。

  5. 白猫の髭 | URL | -

    グッピー水槽リセットするので底面+外掛けを考えてみようかな。

    ろ過能力高そうです。

  6. ろくろー | URL | -

    なるほど~。
    底面フィルターはあまり利用したことはありませんが
    最近ソイルの性能もいいですし
    底面+何かはかなり水草水槽に
    効果的かもしれませんね(゚∀゚)

  7. まくりこ | URL | s6nkdhXk

    底面フィルターはビー水槽(60cm)で使ってますが、
    あるのとないのとではやっぱり違う気がします~
    家の水槽の中で一番水が安定しているかも?
    って思えるぐらい底面最強! って思ってます(笑

  8. potato1010 | URL | -

    こんばんは

    ボクは底面が一番好きです。
    アピスト水槽はほとんど底面です。
    稚魚の吸い込みもないし、水質も安定しているように思えます。
    ただ、水中ポンプ式は、この季節水温の上昇に気を使います。
    外掛け直結と並べていますが、二度ほど高い。今は29度と31度みたいな。
    ちょっとツライですね。

  9. AYA | URL | -

    >>オゲマンさん
    いらっしゃいませ。リンクありがとうございます&いただ
    きます!

    底面は小型にはかなりいいですよね。ろ過能力が小さくな
    りがちなのを簡単にカバーできますから。

    >>チューリップさん
    外部は水流がなぁ。あれさえなければいいんですけど
    パイプ改造してもそこそこの水流になるときがあった
    りして困る;

    底面はプレフィルターとしても優秀なので、外部の掃除
    の手間が減ったりいいことありますよ!w

    >>cometさん
    外部はどうしても水流強くなりがちですね。底面つなげ
    てもかなり強い水流になるし。水流調整できる外部とか
    出せばいいのに・・・w

    >>トモさん
    セルフィンプレコには何人の人がだまされたのでしょう
    か。うちも昔だまされました。でかくなるんですよね、
    あいつ。かわいいけどw

    底面最強、うっほー。

    >>白猫の髭さん
    数百円で増設できる底面フィルターをつけるだけで、
    ろ過能力が格段にアップしますよ!なんでみんなつかわ
    ないんだろう?ってぐらい便利ですw

    >>ろくろーさん
    最近は底面用のソイルなんかも出てきてますからね。
    ソイルは底面に不向きってどこから出たのかわからない
    ですけど、向いてると個人的には思ってますw

    >>まくりこさん
    ろ過能力は高いですよね。爆殖系の魚とかをささえるに
    は一番向いてそう。サブフィルターとしても優秀ですし
    ね。底面引いておくだけで全然違う(; ・`д・´)

    >>potato1010さん
    そうですね、稚魚とかをまったく吸わないのも利点で
    すよね。あとはコストもエアリフト式だと安いしw

    水中ポンプは発熱しますからね; 夏はちょっとつらい
    かもしれませんね;

  10. kaito | URL | sSHoJftA

    小型水槽で過密でなく底床があれば
    水が流れているなら
    濾過器はいらないとおもうんだけどね

    結構底床とかガラス面にバクテリアは定着するみたいだよ

  11. AYA | URL | -

    ボトルアクアなんか止水でも普通に大丈夫ですしね。
    容量4リットルとか1リットルとかなのに。

    ただ、水の流れをつくるなら、別にフィルターそれに
    つけてもよくね?ってなっちゃうから・・・w

    そういや、うちのボトル、まだ生体いれてないや(ぇ

  12. GARCIA | URL | MDo56pwE

    底面教徒参上!

    18キューブ以降は底面必ず入れてますね。
    やばいくらい効きます。
    外部との併用の場合、直結は避けてます。水流弱くなるし、意味が無いので。
    小型水槽の場合のみ水流を弱める為に直結してます。
    底床は対流があるほうがいいですしね。
    底面は入れた方が自分の場合有効な事が多いですね。

  13. GARCIA | URL | MDo56pwE

    横レスすいません。

    comet様:
    30キューブでパワキャニ使ってます。サブフィルター繋げると結構水流はいいです。あとはバルブタップで調節が有効です。
    あと、フィルターを水槽から30㌢ほど下に配置すると水流は弱くなりますよ。

    AYAさんごめんね~

  14. tomo緑 | URL | b03wljAE

    2つめのブログつくっちゃいました。
    こっちにも来てくださいね。

    さらに思い出してきました。水草以外では、いっぱい底面使ってました。コリドラス、ボーシャ・・・、

    なんか汚れそうな方々でした。

    1万円水槽企画にのってやってみようかな、底面水草、
    はじめたら、どっちのブログに書くんだ・・・、

    また、新しいのつくろうかな、ブログ

  15. AYA | URL | -

    >>GARCIAさん
    横レス全然おっけー!

    底面はいいよね、底面はいい・・・。ちょっとメンテが
    面倒な部分はあるけど、メンテいらないことのほうが多い
    しね・・・。底面はいい・・・!w

    >>tomo緑さん
    はーい、そっちもいきまーす。

    汚れそう が 汚そう にみえてしまい、なんという
    かわいそうな・・・!って思ったら違ったw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/231-a50a2442
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。