スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

後景草 63 アポノゲトン クリスプス

2009年08月16日 02:00



わかめというか、こんぶというか。アポノゲトン クリスプスです。

アポノゲトン クリスプスは球根から半透明のわかめのような葉を展開するアポノゲトンの仲間で、アポノゲトンの仲間の中では恐らく最も安価かつ簡単に育成できる種類です。

一昔前はよくレイアウトに使用されていましたが、最近はあまり見かけなくなった種類でもあります。

販売されている段階では、球根のみか葉が少ない場合が多く、購入した後は球根の半分ほどを低床に埋める形で植え込みます。
この際、後の根張りが強烈なので、あらかじめポットなどに入れておいてから植え込んで置くとメンテナンスが楽になります。

低床に植え込まれると、暫くしてそこから葉を展開して写真の様な草体になります。

葉の長さは調子がいいと50センチ、幅2センチを超える大型の種類で、たなびくとはいえ、導入するにはそれなりに水深のある水槽で使うか、後景に植えるかということになります。

強光を嫌う傾向があり、強光下でも育成できますが、低光量で育成したほうが立派な株になります。また、浮き葉や花芽を展開することがありますので、浮き葉が出てきたらトリミングしてしまったほうがいいでしょう。

増殖は子株が増えることで行われますので、根元に新しい株ができてきた様子が見えたら、株分けすると増やすことができます。

育成面では特に気にする所はなく、どのような環境でも育ちます。上に書いたとおり、低光量な水槽のほうが大型で見ごたえのある株に成長しますが、強光でも大丈夫です。



照明:1~2灯
肥料:無くてもよい(低床)
CO2 :問わない
温度:問わない
硬度:問わない
pH :問わない
成長:普通
管理:上記参照
難度:簡単
(60センチ規格水槽、理想)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

  1. 車輪のホイール | URL | -

    確かにワカメみたい(笑
    大きくなるのが分かっているので、
    なかなか導入する機会がないです。

    強光を嫌うとは珍しいですね。
    浮葉も出すとは初めて知りました。

  2. AYA | URL | yH4erWZ2

    ワカメにしか見えません。どう見てもワカメw
    強光を嫌ってるのか、光が十分だから大きくなる必要
    がないので大型化しないのか・・・。

    どちらにしろ光が弱いほうが成長が早いという・・・w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/274-4c41f726
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。