スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

水草水槽を始めてみませんか? その弐

2009年09月02日 13:59

さて、前回に引き続き今日は第二回です。

第一回はこちら。
http://aya9999.blog68.fc2.com/blog-entry-330.html

第二回は日々の維持管理を中心に書いて見たいと思います。前回の内容で水草水槽を立ち上げたその後はどうするかという感じです。

■ 維持管理 その壱

水草水槽は維持と管理が何より大事です。水草を植えても放置してしまっては絶対に綺麗には育ちません。手間と愛情をかけてはじめて綺麗に育つのです。うん。では、日々の管理は何をすればいいかというと。

1)観察
2)水換え
3)追肥
4)コケ・油膜・スネール対策

ほぼこの4点に集約されると思います。それぞれまた書いてみます。
■ 観察

水草水槽を立ち上げたら、最低でも10分は毎日その水槽を嘗め回すように観察してください。色々と発見があると思います。水草が育ってきてるとか、調子が悪そうだとか、コケが生えてきたな~とか、抜けてるところあるな~とか。

この観察はかなり大事ですので、時間を見つけてこまめに見てください。観察しないとコケが生えてるかどうか、育ってるのか枯れてるのか等わかりませんから。

あとは水温計を見るのはもちろんですが、水中に指を少し入れてみて、水温があがりすぎてないか、下がりすぎてないかを体感でも確かめるといいと思います。

■ 水換え

週に2回 1/5、もしくは週に1回 1/3。このぐらいが最低ラインです。エビなどは水質変化によるショックに弱いので、前者がいいでしょう。また、大量の水換えに弱い水草もありますので、水草の種類によってもどちらにするか決まるかもしれません。うちの場合は時間が比較的あるのと、水質ショックを減らしたいので前者で行っています。

水換えによって水槽内に蓄積されているNO4等を水槽外へ排出しますので、サボらないようにしましょう。コケの原因になりますよ~。

なお、足し水というのがありますが、あれは根本的解決には何もなっていない為水換えの代わりにはなりませんのでご注意を。

■ 追肥

水換えと被りますが、水換え時に追加する水に肥料分を追加する水に対する規定量の1/2入れてください。こうして水換えをするときに肥料分を追加していくことで、少しづつ水草に栄養分を与えます。

うちの場合は水10L(2日~3日に1回10Lバケツで水換えしてるので・・・w)に対してカリウム水溶液(500mlにカリウム50gを溶かしたもの)2ml、メネデール1滴、ついでに水草関係ありませんがテトラバイタルや他の添加剤、微量元素を含んだ肥料も加えていますが、最初はカリウムとメネデールだけで行きましょう。

初期の段階では毎日の追肥はいりませんので、水換え時に追肥する形で行っていきます。

コレとは別に、コレを行っても水草の成長点が白くなる場合は液体肥料などを規定量の四分の一ほど加えてあげてください。

■ コケ・油膜・スネール対策

これが一番大事といえば大事ですね。見た目的には。まずは簡単な油膜対策から。夜間に照明を消したら、水槽内でエアレーションすればいいだけです。夜間のエアレーションでpHが変動して水草の生長が悪くなる~みたいな意見も見受けられますが、うちの環境では起きたことがないので、気にするほどでもないと思います。

コケ対策の一番簡単なのは生物兵器を導入することです。

生物兵器はこちらから。
http://aya9999.blog68.fc2.com/blog-category-9.html

まずはエビ。どんなエビでもかまいませんが、ビーシュリンプは余り効果がないので、最低でもミナミヌマエビクラスから選ぶことになります。ヤマトヌマエビはかなりの働き者ですが、食害も凄いため、個人的にはミナミヌマエビ系がお勧めです。60センチ規格で30匹もいればいいでしょう。勝手にそのうち増えますから。

つづけてオトシンクルスの仲間。お勧めはネグロですね。丈夫で働き者です。60センチ規格で6匹ぐらい。種類によってコケの好みがあるようなので、ネグロが5匹にピットブルが2匹に~みたいな感じで種類を分けるとなおいいと思います。

続けて貝の仲間。あまり入れない人もいるようですが、ガラス面や器具類のコケ取りには絶大な威力を発揮しますので入れてみると驚くと思います。淡水では増えない種類がお勧めで、カバクチカノコガイや石巻貝が働き者ですが、フネアマガイも凄いという話です。

カバクチさんであれば60センチで2匹もいれば過剰なぐらい働いてくれます。

コケ取り生物兵器のポイントは種類を散らすことです。それぞれ得意分野と不得意分野、レイアウトによっては入れる場所と入れない場所が出てきます。このため、種類を散らしておくとさまざまな場面に対応できるようになり、1種類のときよりもコケを効率よく減らしてくれます。

続いての対策ですが、他の2種類と比べかなり難しいのがスネール対策で、指で潰しても潰しても減りません。基本的には入れないのが一番で、水草の検疫で何とかします。

検疫方法はこちら。
http://aya9999.blog68.fc2.com/blog-entry-30.html

それでもいつかは進入されてしまうでしょう。進入されたら、基本的には食害がなければ無視しておいてかまいません。あまりに目立つようでしたら生物兵器で殺せますが、スネールを食べる=エビを食べるでほぼ間違っていないので、なかなか厳しいところです。

考え方を変えればスネールたちもコケや残った餌を処理してくれているので、結構な働き者だと思ってあげてください。それが一番気楽です。

-------------------------

今回はここまでです。次回は維持管理その2としてトリミングや緊急コケ対策などを書いてみたいと思います~。相変わらずの長文お疲れ様でした!

これも役に立ったぞ!って方はここを押してください>< お願いします!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

  1. 兄貴 | URL | a2H6GHBU

    こんにちわ(o^▽^)o)ペコッ
    んん~やっぱり奥が深い!!
    でも、こういう手間や色々なコトを乗り越えて素晴しい水草水槽になるんですねv-10
    苦労の後にはイイものが着いて来るんですよね((。_。)((。_。)ウンウン

  2. F.I.L.O | URL | ek.3C4W2

    いろいろ勉強になりました(´∀`)
    つぎリセットの時は参考にさせていただきたいです。
    メタハラが必ずしもいいわけじゃないんですね。
    水草水槽=メタハラなイメージだったので目鱗でした。
    ちなみに8L水槽の黒ヒゲは生物兵器は無理ですよね…
    やっぱテデトールですか?(´・ω・`)

  3. 水猫りあっこ | URL | -

    最初のも読んだんですが、ほー…と関心してコメ忘れてた模様(´・ω・`)
    個人的にタイムリーな内容をありがとうございますw
    次回をすでに楽しみにしてる訳ですが、何かトラブったら相談に乗って貰いたいです。
    ひとまず資金繰りについt(ry

  4. カビ夫 | URL | -

    僕はアクアについての勉強が基本だけだったので経験を交えた話は凄く為になりますw

    60でミナミ30匹必要とは…なるほどそれでコケが減らなかったのかと納得ですw

    次回のトリミングも期待してますね(*^-^)

  5. hatsuned | URL | -

    こんばんわ!
    今回も凄い勉強になる内容…初心者には感動ものですw
    この記事はキープしておかねば!
    1点気になったのですが、
    水草水槽するなら、お魚メインの水槽とは
    別にした方が管理は楽なのでしょうか。

    あ、既にご存知かもしれませんが、
    水草ブログランキングで1位なってました☆
    おめでとうございますw

  6. 車輪のホイール | URL | -

    色々参考になります。
    追肥や、コケ対策なんか特に。
    うちはやっぱりコケとり部隊少ないのかも。

  7. mau | URL | fIzIXw6c

    勉強になりました!
    けど、やっていける自信がありません!(キッパリ!w

    換水は大好きなので毎日でもやりますがw、
    トリミングが…Orz

  8. GARCIA | URL | MDo56pwE

    スネール対策兵器が本当に兵器になってしまい、魚まで食べてしまう始末。

    でかくなるもんですね。

    トーマシー。

    番長というより暴君です。

    液肥の所、所用別にお願いしたいです。

    特に赤色の色だしのコツなんか知りたいです。

  9. AYA | URL | yH4erWZ2

    >>兄貴さん
    なんでもだと思うんですけど、ほっといたら綺麗にはなら
    ないと思うんです。手間をかけてあげないと~w

    >>F.I.L.Oさん
    メタハラは綺麗に見えますけどね。小型水槽にはメタハラ
    のデメリットがでづらいのでいいと思いますが、大きいと
    端が照らせないのに中央が明るすぎるのがちょっと。

    サイアミーズが入りませんからね~。アルジーライム
    シュリンプってエビが黒髭をよく食べますが、最近あん
    まりみない・・・かも・・・?

    >>水猫りあっこさん
    あんまり参考にならないかもしれませんが、いつでも
    どうぞ~w

    資金繰りについてはうちも困っているので二人で打開
    策を探していきませんか!?

    >>カビ夫さん
    ミナミは一匹あたりの仕事量が少ないんですよね。
    30匹でも恐らく足りませんが、いずれ勝手に増えるので
    このぐらいで最初はいいかな?って数です。

    うちは50匹以上入れちゃいます・・・。

    >>hatsunedさん
    ありがとうございます~。直ぐ落ちそうで怖いですw

    水草と熱帯魚は相互に支えあえるので、両方一緒でいい
    んです。水草は肥料分を提供してもらう代わりに水質を
    浄化し、隠れ家を与え、逆に熱帯魚は肥料分を与えるか
    わりに綺麗な水と隠れ家を得られるので。

    水草があると熱帯魚も綺麗になりますよ~。

    >>車輪のホイールさん
    コケ取り部隊はやや大目ぐらいがいいですね。多くても
    ミナミ君とかだとほぼ食害が出ないので。コリタブあた
    りあげとけばコケがなければそれ食べますしw

    >>mauさん
    あらかじめトリミングを少なくしたい場合は成長の遅い
    水草で組めばいいので、そこは選定次第で結構なんとか
    なっちゃいますよ~。

    あとは慣れると意外と楽しいです、トリミングってw

    >>GARCIAさん
    トーマシーは駄目です・・・。あれは・・・。
    シクリッドですからね; 大暴れ確実;

    液肥等はそのうち別に書きますね~w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/333-dff8c8f4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。