スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

エビ/シュリンプの仲間 01 ヤマトヌマエビ

2009年06月06日 00:00

水槽で飼われるエビでは一番有名かな?値段もそこそこで働き者、ヤマトヌマエビ君。

ヒゲ状コケとアオミドロに非常に効果があります。60センチ規格水槽で10~15匹ぐらいが適量。加えて床に落ちてしまった餌の処理や死体の処理もしてくれます。

比較的丈夫な種類ですが、残留農薬と高温に弱いのはエビのお約束なので気をつけましょう。


一番有名ということで、どこでも熱帯魚ショップなら手に入れることができると思います。昔は結構値段したんですが、最近では10匹で500円とかのお店もあるみたい?

淡水エビの中では大型で、混泳できる魚の種類も必然的に一番多くなると思います。口に入るサイズが少ないことに加え、淡水では繁殖できないので、稚エビの大きさを考えなくていいですから。

ただ、逆に大きいことで、熱帯魚の稚魚やビーシュリンプなどを捕食することができてしまうので、逆の方向で混泳できない場合はあります。

また、ミナミヌマエビとは混泳できません。ヤマトヌマエビのメスがミナミに襲われて殺されてしまうそうです。同様にミナミの亜種(?)と思われるレッドチェリーシュリンプともできないと思われます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/36-0ae641c8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。