スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

後景草 94 ウォーターバコパ

2009年09月18日 05:45



バコパ系の代表品種、ウォーターバコパです。

ウォーターバコパバコパの中でも最もよく売られており、かつ古くから知られている水草で、非常にかわいらしい草体をしています。

葉の大きさは1センチ~2センチほど、小さい葉を密生させるタイプの水草で、葉の根元の付き方が比較的かわっており、茎と一体化しているような感じです。葉の色は鮮やかなライトグリーンで、強光下や低水温下では頭頂部分が茶色~赤になる場合があります。

低水温に非常に強く、日本でも北海道など寒い地域以外ではそのまま外でも越冬できます。そのため、ビオトープなどに使うこともでき、この場合はかわいらしい青い花を楽しむことが出来ます。
花をつけさせるには太陽光の直射が必要なようですので、花を見たい場合には置き場に注意したほうがいいかもしれません。

水槽内ではパールグラスの様な育ち方をし、こんもりと山を作りながら増えていきます。ただ、この成長をさせるにはかなりの光量が必要で、通常は脇目を出しながら直上に伸びるように成長すると思います。

成長は早く、育成も容易ですが、水上葉から水中葉への移行がなかなか難しく、CO2添加環境以外では失敗する場合もあります。

一山20本や、10本単位で買ってくればそのうち数本は生き残るでしょうが、自信がない場合は最初から水中化しているものを購入するといいでしょう。

水中化してしまえば上記の通り育成は簡単で、CO2や肥料分がなくとも育ちますし、光量も60センチ規格で2灯もあれば成長を維持することができます。



照明:2灯
肥料:問わない
CO2 :問わない
温度:問わない
硬度:問わない
pH :問わない
成長:早い
管理:ピンチカット
難度:簡単
(60センチ規格水槽、理想)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

  1. チューリップ | URL | -

    今まで気づかなかった・・・・
    赤くなるんだ~
    確かにショップでも取り扱いは多く良く見かけます。
    実際大きい葉をつけていたような・・・
    それはイエローバコパかな?
    CO2無しでも成長するって言うのは知らなかったです。

  2. ゆかい堂 | URL | -

    初めまして。 最近ハマった初心者です。
    いつも参考にさせて頂いてます。

  3. AYA | URL | yH4erWZ2

    >>チューリップさん
    あかくなりますね。強光が必要ですが。
    イエロー系はカロリアーナかな?ウォーターバコパは
    かなり小さい葉ですよ~。とはいえ、パールグラスの
    ような小さい葉ではないですけどw

    >>ゆかい堂さん
    いらっしゃいませ~。これからも来てくださいね。
    そちらにも後でお邪魔いたします!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/365-ec66470f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。