スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

後景草 97 タパジョス ドワーフ ニムファ

2009年09月26日 13:05



これも花が綺麗なタパジョス ドワーフ ニムファです。

タパジョス ドワーフ ニムファドワーフと付いている通り小型のニムファで、サンタレンほどではないにしろ、それほど大きくはなりません。

葉の大きさは15センチ弱ほどのニムファとしては小さい葉をつける種類で、サンタレンとならんでレイアウトには使いやすい種類です。

ただ、他のニムファと比べてもかなり浮き葉を出しやすい性質があり、なかなか浮き葉無しでは育成できないため、どうしても後景などに使うことになりがちです。
浮き葉はそのつどカットすればいいのですが、浮き葉が出るようになると柄が長くなりやすく、見栄えがあまりよくならないので、もとから浮き葉を出してもいいような水槽で育てる方が綺麗だと思います。

浮き葉を出させていると、そのうち蕾が付くようになって花も咲くため、楽しみが増えます。

それでも余りたくさん浮き葉を出させていると他の水草への障害になったりしますので、適当な枚数で抑えておく方がいいでしょう。3~4枚程度でも花をつけるまでにはいけるので、そのぐらいの数で維持するのがいいかもしれません。

ニムファの仲間の特徴としての根張りの強さもありますので、最初から植える場所には気をつけるか、ポットなどに植えて、ポットごとソイルに植えるのがお勧めです。

育成面ではニムファらしく丈夫で扱いやすく、CO2の添加をしなくても成長しますが、肥料はしっかり与えたほうがいいでしょう。光量は60センチ規格で2灯程度で十分です。ランナーなどで子株ができてきたら、ある程度成長したところで親株からはずしてやれば増やすことができます。



照明:2灯
肥料:低床
CO2 :問わない
温度:問わない
硬度:問わない
pH :問わない
成長:普通
管理:ランナーカット
難度:簡単
(60センチ規格水槽、理想)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/380-07b56e03
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。