スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

後景草 112 ポタモゲトン ルーケンス

2009年10月17日 07:53



大型のポタモゲトンの仲間、ポタモゲトン ルーケンスです。

ポタモゲトンの仲間はどれも比較的育成が難しいのですが、例に漏れずやはりポタモゲトン ルーケンスも育成の難しい種類です。

葉の長さは12~15センチ、幅1~2センチほど、短い柄の先に葉をたなびかせるタイプのポタモゲトンで、透明感のあるやや暗めのグリーンの葉に黄色~白の葉脈が綺麗に入る美しい葉をした水草です。

ポタモゲトンの仲間では上にも書いたとおりかなり大型になる種類で、ぱっとみた印象ではヒロハノエビモなどの倍以上の大きさに感じます。
ただ、大型であっても葉の間隔はそれほど変わらないため、群生させた場合の見栄えのよさではこちらのほうが上でしょう。

特徴はなんといってもその葉脈のくっきり浮かぶ葉ですが、非常に柔らかい葉をしていますので、食害に気をつけないとあっというまに葉脈だけのこして丸裸などということになりかねません。

オトシンクルスの仲間程度でしたら大丈夫ですが、プレコの仲間などは危険ですし、スネールにも注意が必要です。また、エビが増えすぎている場合も餌になりやすいです。

育成面ではCO2の添加と液肥、60センチ規格水槽で3灯程度の照明は最低ラインとして必要です。

他のポタモゲトン同様に導入時に気難しい面を見せますので、導入直後は特に気をつけてあげるといいと思います。

導入さえできてしまい、水槽環境になじめば丈夫な草なのも変わりませんが、導入時に枯れることが多いので、育てたい場合は難度も挑戦することになりかもしれません。

増殖はランナーによって行われますが、ピンチカットによっても増やすことが可能です。

ランナーは思わぬところから出ることが有りますので、他のポタモゲトン同様メンテナンスはこまめに行ってください。



照明:3灯
肥料:液肥
CO2 :添加
温度:問わない
硬度:問わない
pH :問わない
成長:普通
管理:上記参照
難度:難しい
(60センチ規格水槽、理想)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/423-da6bebad
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。