スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

シダ/モス類 05 ボルビティス ヒュディロティ

2009年06月14日 22:14



ボルビティス ヒュディロティを代表とするボルビティスの仲間。

名前が覚えづらいんですよ。ボルビティス?ボルビディス?ヒュデロッティ?ヒュディロティ?

わからなくなる。

そんなシダの仲間です。陰性水草であり、Co2、肥料、光量がどんな環境でも育ちます。真っ暗とかは流石に駄目ですが、それでも1ヶ月ぐらいは枯れない丈夫さがあります。

ミクロソリウムなどと比べると、葉が細く繊細で透明感があり、柔らかい感じになります。

また、水上ではミクロソリウムなどと同じように胞子を葉の裏につけて子株を出して増えていきますが、水中では胞子は出さない(と思います)ので、株分けで増やすことになります。この場合はアヌビアスのようにカッターを熱して切断するといいでしょう。
一部でボルビティス ヒュディロティ ミニとかベビーリーフとかいう名前で売られている小型種がありますが、こちらは水中では枯れはしないものの、まともに育たないようです。水中でも胞子で増える=水中化できていないのでは?と勘ぐってしまいます;

ヒュディロティ自体は非常に大型の種で、1年もあれば30センチ水槽を埋め尽くすぐらいの大きさになりますので、トリミングをして維持しましょう。また、育成するにはミクロソリウム以上に長い時間が必要です。2年も3年もかけて大型化させるつもりで根気良く育ててあげてください。



照明:問わない
肥料:問わない
Co2 :問わない
温度:問わない
硬度:問わない
PH :問わない
成長:遅い
管理:適当なところでメインの茎をカット
(60センチ規格水槽、理想)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

  1. 車輪のホイール | URL | -

    ボルビティスいいですね。
    シダのイメージといえばボルビを想像します。
    ベビーリーフ種はうちにもありますが、購入時のように綺麗な三角形の葉を展開してくれません。
    本体は丈夫なのか枯れたりはしませんが…
    それに成長が遅いためヒゲゴケもついてしまいます。
    完全にアクアテラ向きですね。

  2. AYA | URL | -

    どうも調べてみたところミニ、ベビーリーフ系は水中化しないみたいですね~。本体が丈夫なので、かろうじて生きているみたいな感じにはなるようですが・・。

    ジャワファンみたいなものかもしれませんね。あれ水中化できればすごくカッコいいんだろうけどなぁ・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/76-10657489
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。