スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ

スネール対策生物兵器 01 アベニー パファー

2009年06月02日 11:19

水草やってると絶対会いますよね、スネール。幸い、うちのメインタンクでは今のところ発生していないのですが・・・いつ出るかと身構えてはおります。

水草を入れる時に、よく洗う>Co2漬けにしてスネールを殺す なんてやると、大分防げるものの、それでも強いあの貝ども。大量発生しないなら放置しといてもいいんですが、大量発生するからな~;

そんなスネール対策生物兵器の中で一番有名な子はこの子・・・アベニーパファーじゃないかと思っている今日この頃。




うん、かわいい顔してる!

顔はかわいいし、仕草もかわいいし、しかもスネール撃滅できる働き者だし、言うこと無い!って思うんですが。そこはそれ、この子もフグなので、気性がものすごく荒いです。

混泳要注意。ヒレの長い子はまずかじられます。エビもかじられます。そして小さいエビだと食われます。ヤマトヌマエビ以下の小さいエビとの混泳は難しいでしょう。

ただ、アベニーパファーの性格にもよるらしいので、問題なく行けちゃう子も居るそうです。基本は単独飼育だと思うんですけども。もしくは3匹、4匹などでアベニーパファーだけで飼うか。2匹は駄目なので注意してください。片一方がいぢめにあって最悪死んでしまいます。

サブタンクが空いている場合は、複数のアベニーを導入しておいて、そこから1匹づつメインタンクに移し、混泳が問題なくできるおとなしい性格の子をメインタンクに残すという方法もありますし、スネールの居る間だけ出張サービスをしてもらう手もあります。

ヤマトヌマエビクラスの大きさのエビ、クーリーローチ、大きめの貝(石巻)などとは混泳できるそうなので、その辺とキューブ型水槽で飼うとおしゃれかもしれませんね。飼い主によくなつきます。

アベニー水槽のコケ対策を行う場合は、ヤマトヌマエビと石巻貝などに頼るのがいいと思います。プレコやオトシンなどは攻撃される危険があるので避けたほうが無難。アベニーパファーとエビ/シュリンプの混泳で検索されている方が居るようなので書いておくと、上のとおりヤマトヌマエビなら大丈夫です。ミナミヌマエビ、ビーシュリンプになると餌になっちゃいますので要注意。うちの環境では、オトシンと仲良く専用水槽でやっており、成功率は高いようですが、100%の保障はできません。

餌はスネールが無い場合は冷凍赤虫が一番。慣れれば人口飼料にも餌付くそうです。我が家ではアベニーの餌として非常に評判がよく、評価の高いフリーズドライ天然飼料 ひかりFD ビタミン 赤虫をあげています。ピンセットからも食べてくれて、すごくかわいいですよ。

:豆知識

ねぇ、知ってる?フグがぷく~~~っと膨れるのは、内臓を守る骨がないからなんだって。(豆シバ風に)

・・・ちなみに胃袋も無いそうです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ← 記事が役に立ったらポチってください!
貴方のワンクリックが励みになります!
是非・・・是非!お願いしますっ!


毎日押して!大変抜かれそう!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へブログランキング・にほんブログ村へ


Similar posts - Please Read If You'd Like - :

Loading...

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aya9999.blog68.fc2.com/tb.php/8-dd073261
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。